一般社団法人 沖縄県高圧ガス保安協会-県民の信頼に応え、自主保安と健全な発展をサポートします。

災害時重要施設等に係る石油製品調査票記入のお願い(LPガス充填所)

沖縄県防災危機管理課から災害時重要施設等に係る調査票提出の依頼がありました。

災害時重要施設に指定されたLPガス充てん所(オートガススタンド除く)は、お手数ですが設備情報調査票にご記入いただきご提出下さいますようお願い致します。

1災害時重要施設

 ●LPガス充てん所で、非常用発電設備を有し停電時にLPガスの受入払い出しができる施設です。

  事前にアンケート調査を行い、その結果対象となったLPガス充てん所(16ヶ所)

設備情報調査票記入要領

 ●調査票記入の参考として下さい。

設備情報調査票

 ●ダウンロードし入力願います。

4報告期限

 ●平成26年1月17日(金)迄に、電子媒体にて協会までご提出下さい。

経産省からの事故防止の協力依頼等について(お願い)LPガス部会

この度、経産省より近年建設工事等及び住宅塗装工事等におけるガス事故が多く発生していることから、別添1及び2のとおり事故防止に向けて、全L協を通じてLPガス事業者等への周知依頼がありました。

また、先月、埋設管の取替え工事中にガスが漏えいし、酸欠により1名亡くなられる事故が発生いたしました。

つきましては、各LPガス販売事業者の皆様については各営業所、工事業者等関係者に対し、事故再発防止の観点から下記の事項についてご周知下さるようお願い致します。

1.建設工事等におけるガス管損傷事故の防止について(別添1)

[周知事項]

・他工事業者に対し、工事を施工する前には必ずガス管等についてLPガス販売事業者等に照会・確認するとともに、ガス管を見つけた場合は、必ずLPガス販売事業者等に連絡すること等について周知を行うこと。

・必要に応じて他工事の際に立ち会うこと。

2.住宅塗装工事等におけるガス機器の給気部又は排気部の閉そくによる一酸化炭素中毒事故の防止について(別添2)

[周知事項]

・お客様に対して、建物外壁の塗装工事等が行われている最中又は工事終了直後においては、給排気設備が塞がれていないかを確認した後にガス機器を使用するよう周知を行うこと。

<追記>

埋設供給管の修理等で掘削工事を行う場合について

[周知事項]

・ 工事に当たっては、ガスの供給を停止すること。

・ 掘削した穴のガス濃度を測定し、作業の安全確認を行うこと。

・ 1 人では掘削工事を行わないこと。

全L協からの事故防止協力依頼

別紙1

別紙2